菌活はじめるなら、まずは「乳酸菌」から♪

便秘解消・美容・ダイエット目的で、乳酸菌を摂ることから「菌活」を始める女性が増えています。

 

乳酸菌=ヨーグルトをイメージしてしまいがちですが、ヨーグルトよりも多くの乳酸菌を効率的に摂れるのが「乳酸菌サプリです。

 

菌活は効果あり?!菌活でダイエット・美肌を目指す!

 

菌活は効果あり?!菌活でダイエット・美肌を目指す!

 

 

菌活でスルスル便秘知らず

菌活とは、菌類の食物を摂って、健康的に生活する事です。
菌活の効果には、整腸作用があります。腸の調子を整える事で、便秘や下痢などの改善をはかるとともに、腸内環境が良くなるのでダイエットにも効果がありました。整腸作用に効果があった菌は、ヨーグルトやピルクル(乳酸飲料)、キノコ系です。
他にも納豆が好きなので納豆も積極的に摂っています。

 

 

私は、すごい便秘で、下剤も必要としていました。どんくらいすごい便秘かというと薬(下剤)を飲まないとけいれん性イレウスになるレベルです。
下剤には便を柔らかくする酸化マグネシウム(通称「カマ」「カマグ」)と、腸を刺激する刺激系の下剤(プルゼニドやセンノシドなど)があります。
刺激系の下剤を飲まないと出ないのですが、それだと強すぎて、下痢にも陥ってしまう時がしばしば。
そんな時に食生活から見直し、ピルクルをまず飲んでみたのですが、すこやかになりました。
腸内環境を整える事で、体内に毒素が巡らなくなるので、代謝が上がり、痩せやすい体になります。

 

 

逆に言うと悪玉菌ばかりが腸にあると全身に巡り、体がおかしくなるのです。
代謝も下がり太りやすくなります。
もっとすこやかになりたいと思ったので、キノコ類を多く摂るようにしました。
キノコはしめじやしいたけ、えのき、エリンギ、まいたけなどがスーパーで手に入りやすいです。
とりあえず調味料のごとく、何でもキノコたちを入れました。
シチュー、カレーにしめじ、チンゲンサイ炒めにえのき、豚汁にえのき、エリンギソテー(おいしいです)、キノコパスタ…など、きのこはカサ増しにもなっておなかいっぱいになり、それもよかったです(菌活とはちょっとズレますが、一石二鳥という事で)
それは、キノコに含まれる食物繊維が豊富だから良かったとの事です。

 

そして食物繊維は腸を刺激し、動かすので、便秘がマシになりました。
ヨーグルトより、ピルクルより、食物繊維のあるキノコのほうが便秘解消には良かったです。
気になるダイエット効果ですが、徐々に減っている感じですよ。
ダイエット効果にはキノコの方が有力でした。

 

 

カロリーがヨーグルトやピルクルよりも低いからです。
しかしキノコは調理の手間があります。なので、私のように料理のカサ増し程度にキノコを取り入れると良いのかもしれません。
キノコもカロリーがありますので大量に食べるのは、何でもそうですが、ダイエット効果はありません。

 

菌活なんて特別なように思えるかもしれませんが、生活にちょっと取り入れるだけで、できるものです。

植物性乳酸菌は最強

幼いころから便秘に悩まされてきた私。
食物繊維やら便秘に効くお茶など片っ端から試してみましたが
あまり良い結果は得られず、
CMでもよく聞くようにやはり便秘には乳酸菌しかないのではないか
という結論に達しました。
乳酸菌といえばヨーグルトということで、便秘に効くヨーグルトを求めて
私の菌活は始まりました。

 

ところが、小さなカップに入った朝食用ヨーグルトや
500mlパックのプレーンヨーグルトなど
あらゆる種類のヨーグルトを食べてみたのですが
私の頑固な便秘はびくともしないのです。
乳酸菌、全然効かないじゃないか…とがっかりしていた矢先のこと。

 

実家の母が、作り過ぎたから…ときゅうりのぬか漬けを持ってきてくれました。
ぬか漬けなんて、結婚して家を出てから10年以上、口にしたことはありませんでした。
というか、独身の頃も食卓にぬか漬けがあっても
ほとんど箸をのばしていなかったような…。

 

夫は、久しぶりに見るぬか漬けに大喜びで
お皿に山盛りのきゅうりを美味しい美味しいと食べるので
試しに私も…と一切れ食べてみたら、想像以上に美味しいではないですか。
これだけあればごはんいくらでもいけるね〜といいながら
ぬか漬けきゅうり2本分をあっという間に完食。
押し付けられたぬか漬けはまだまだあったので
翌日も同じくらい食べ、更に次の日も…。

 

美味しかった!と母に報告すると、調子に乗ってどんどん持ってくるので
結局、1週間ほどの間、毎日大量のぬか漬けを食べるはめになりました。

 

そしてふと気がつくと、あの頑固な便秘が治っているのです。
なにこのすっきり感。というくらい、今までに感じたことのないような爽快感。
心当たりは毎日食べたぬか漬けです。

 

ぬか漬けって便秘に効くの?と思いながらネットで調べると
なんとぬか漬けには植物性乳酸菌がたっぷり含まれていて
しかも、それはヨーグルトなどに含まれる動物性乳酸菌よりもずっと強く
生きたまま腸へ届く量も多いのだとか。

 

便秘解消に効果のある乳酸菌を求めて、色々と菌活をしてきたのですが
思わぬところから、最強の乳酸菌の存在を知ることができたのでした。
もちろん、早速スーパーでぬかを購入してきて
ネットで調べながら初めてのぬか床作りに挑戦しました。

 

これが5年ほど前の話。
今でも、その時のぬか床は健在です。
毎日漬けているわけではないけれど、ちょっと便秘気味かな、と思ったら
すぐに、人参や大根、きゅうりなど冷蔵庫にある野菜を漬けこみます。
効果は相変わらず抜群。
この大切な乳酸菌たちがいつまでも元気でいられるように
毎日ぬか床をかき混ぜるのが、今の私の菌活です。

 

参考:【乳酸菌サプリメントのソムリエ】乳酸菌の種類・効果・効能まるわかり

 

 

自分に合ったのは乳酸菌での菌活でした

肥満気味で便秘気味だとどうしても、いい化粧品を使ってもいいサプリメントを摂ってもうまく働かないと聞いたときにはびっくりしました。
どうりで自分にぴったり来るのがないなと思っていたのです。
ダイエットもうまくいかず、肌荒れや肌のハリも気になっていたので「きのこ」での菌活をまず始めました。三度の食事に必ず入れていました。
しかし、いまいちピンとこないのです。まずは三ヶ月と思って続けましたがやはり効果らしきものが感じられませんでした。
そんなときに知ったのが、腸内環境を整える乳酸菌でした。乳酸菌での菌活にしたとたんに、まずは便秘が解消されました。
乳酸菌は二種類準備しました。一般に売っているヨーグルトと、粉で売っている乳酸菌です。ヨーグルトは夜に摂るようにしました。晩御飯と一緒のほうが、乳酸菌が活発に働いてくれるそうなので、夜にしました。
そして朝にはダイエットも兼ねて、バナナに乳酸菌の粉をかけて、少し温めて食べるようにしました。
朝は内臓が冷えているので、温かい食事のほうがいいのです。バナナは南国の食べ物なので体を冷やしてしまうので温めて食べるようにしました。
乳酸菌の粉は、冷やしても温めてもどちらでも乳酸菌が摂れるものだったので何かと重宝しました。
外食したときなどにも持ち歩きました。この乳酸菌の菌活が私には合っているようで、肌荒れも落ち着き、便秘も解消され、下腹部のぽっこりも徐々にぺたんこへと向かっています。
菌活といっても、やはりどれが自分に合うか分からないものなんですね。乳酸菌も色んな種類が今出ていて、それも迷います。でも大体三日続けて同じ乳酸菌摂ると、変化が出てくるので自分で分かると思います。
それを参考に、サプリメントで摂ったり、私のように粉で摂ったり、ヨーグルトを食べたりと自分に合ったタイプで続けるのがいいと思います。
私が粉で続けているのは、毎日続けるとしたときの金額が一番リーズナブルだし、自分に合っていたからです。
おかげでダイエットも苦しいとかきついとか感じないし、本当に助かっています。自分に合う乳酸菌さえ見つけてしまえばあとは楽です。
菌活も、きのこだったり発酵食品だったり色々なものがありますが、まずは一つずつ試してみるのがいいと思います。あれもこれもと一気にしてしまうと、どれが体に合っていたか分からないからです。意外と普段は摂らないものが、一番必要としていたり、一番苦手なものが必要なものだったりしますよ。

 

菌活は効果あり?!菌活でダイエット・美肌を目指す!

 

菌活は効果あり?!菌活でダイエット・美肌を目指す!