機能性表示食品「ヘルスエイドビフィーナS」で便通改善?!

健康な毎日を送るためには、便通を良くするということがとても重要です。便秘になるとお腹が張った感じがして辛い、無理に排便しようとした際に切れ時になってしまう、腸の周りに内臓脂肪がたまりやすくなり、生活習慣病のリスクを高める内臓脂肪型肥満の原因となってしまうなど、色々な問題を引き起こしてしまうのです。

 

そんな厄介な便秘を解消する方法には食生活の改善や適度な運動など色々な方法がありますが、それらにプラスして飲むと効果が高いものとして、森下仁丹が販売するヘルスエイドビフィーナSという機能性表示食品があります。森下仁丹は創業から100年を超える老舗の医薬品メーカーです。機能性表示食品とは国が審査したものではありませんが、消費者庁のガイドラインに則って論文などによる評価を行い、それをクリアすることで特定の機能を商品に表示することが認められた商品のことを言います。

 

ヘルスエイドビフィーナSにはロンガム種というビフィズス菌が生きたまま含まれていて、腸内でそれが増殖することで腸内フローラを整える効果を発揮します。腸内フローラとは腸内細菌が種類ごとに集まって生息している状態のことを、お花畑に例えて作られた言葉です。ビフィズス菌などの善玉菌が悪玉菌より優勢であると腸内フローラの状態が良いのですが、悪玉菌が多くなると便秘になったり、また生活習慣病のリスクを上げるなどの色々な問題が生じてしまいます。

 

そうならないためにはビフィズス菌を腸内で増やすことが望ましいのですが、ビフィズス菌を生きたまま腸に届けるというのが実は難しいのです。森下仁丹ではその長い歴史の中で蓄積したノウハウを元に、ビフィズス菌を生きたまま届けることができる技術を開発しました。それがヘルスエイドビフィーナSで使用されているハイパープロテクトカプセルで、胃酸からビフィズス菌を守って腸内に生きたまま届けることを可能にし、便通の改善に大きな効果を発揮するのです。さらにヘルスエイドビフィーナSは医薬品並みの徹底的に管理された環境で製造されているので、その品質も信頼できます。