久光製薬の乳酸菌サプリ「乳酸菌EC-12」の特徴とは?

人間の腸内には1人当たり500兆個、重さにして1.5キロの腸内細菌がいると言われています。その中には人間の体にとって有用な働きをしてくれる善玉菌、悪影響を及ぼす悪玉菌、どちらか勢力の強い方につく日和見菌が居ます。腸内環境を良くするには善玉菌を増やすことが重要で、そのためには乳酸菌の摂取が推奨されていて、善玉菌が増えることで整腸作用やアレルギーの発症の抑制、免疫力を高めるといった効果が期待できます。

 

体内に入った乳酸菌は腸内に届くと善玉菌のエサとなり善玉菌を増やし悪玉菌の勢いを弱めるため、腸内改善に役立つのです。しかし、一日に必要な乳酸菌は死菌で1兆個だと言われています。100gのヨーグルト100個の数に相当し、1日に1兆個の数を摂取することは到底無理です。

 

そんな時に利用したいのはサプリメントです。乳酸菌EC-12には1袋に1日に必要な1兆個の乳酸菌が含まれているのです。乳酸菌EC-12に配合されているのはエンテロコロッカスフェカリス菌EC-12株というもともと人間の身体の中に存在している乳酸気で、さらに超微粒子の乳酸菌なので、一度にたくさんの量を摂取することが可能です。

 

通常の乳酸菌は胃酸や胆汁の作用によって腸に届いたころにはほとんどが死んでしまうと言われているため、摂取のタイミングを考えなければ乳酸菌を摂取した効果が減ってしまうと言われていました。しかしフェカリス菌の場合は死菌でも効果が高いというデータや、死菌でフェカリス菌を摂取した方が効果はさらに高まるというデータもあるのです。

 

EC-12はビフィズス菌が腸内で増えることをサポートし、腸内の善玉菌を増やす効果のあるミルクオリゴ糖と1兆個のフェカリス菌も配合されています。顆粒タイプで水がなくても飲めるため屋外にも持ち運びができ、1袋で約2.4キロカロリーという低カロリーで毎日自分のタイミングに合わせて手軽に続けることができる乳酸菌サプリメントなのです。