腸内フローラ・腸内細菌に関する豆知識

腸の中にはおよそ100種類以上のたくさんの菌が生息しています。腸内細菌は同じ種類ごとに固まって生息しているので、それがお花畑のようであることから、腸内フローラと呼ばれています。腸内フローラは全ての人が同じ種類の菌を持っているのではなく、食べ物や生活環境などによって違いがあります。

 

腸内細菌の種類は一般的に大きく分けて善玉菌、悪玉菌などと呼ばれていますが、悪玉菌の数が多い人もいれば善玉菌の数が多い人もいます。さらに優勢な菌に力を貸してしまう日和見菌といった両方の性質を持つ腸内細菌もいるので、食生活や生活習慣に気を配り腸内フローラを善玉菌優勢に整えておくと、腸を健康的な状態を保てます。

 

乳酸菌は善玉菌になりますが、これは菌の名前ではなく乳酸を生成する菌の呼び名です。乳製品に多く存在するラクトコッカス、ヨーグルトで有名なビフィズス菌、ラクトバチルスなどは代表的な乳酸菌です。発酵食品に多く含まれていて、味噌やぬか漬けなどにも乳酸菌が入っています。

 

悪玉菌と呼ばれるものには大腸菌やブドウ球菌、緑膿菌などがあり、腸内フローラが悪玉菌優勢になると、ガスがたまっておなかが張り、腐敗したタンパク質から有害な成分が発生し、細胞の老化を促進させて免疫力が低下するので、アレルギーや生活習慣病を引き起こす要因にもなります。

 

悪玉菌を撃退するには、乳酸菌をどんどん食べて腸内の善玉菌を増やすようにします。乳酸菌は胃酸に弱いので、食べた乳酸菌のすべてが腸内フローラで生息できるわけではありません。腸に辿り着く前に胃酸にやられて死んでしまう乳酸菌もいます。しかし、死んでしまってもしっかりと役割を果たすところがこの菌の優れた点です。死んでしまった菌は生きている乳酸菌の栄養源となって、腸内に生息している菌の増殖を助けてくれます。さらに悪玉菌が出した物質と結合したり、小腸のリンパ組織であるパイエル板から直接吸収されるので、菌の生死に関わらず摂取しておくと健康管理に役立ちます。