乳酸菌のエサとなる?「オリゴ糖」についての解説

健康を保つためには胃腸の状態を正常にする必要がありますが、実際にはどのようにすればいいか分からないという人の方が多いです。ヨーグルトを食べて乳酸菌を増やしていくとか、オリゴ糖がいいと言われて何となく見かけるままに摂取しているという状態かもしれません。

 

胃腸の状態は善玉菌と悪玉菌、それ以外の日和見菌で構成されています。この割合としては善玉菌が20%、悪玉菌10%、日和見菌70%が理想とされているものの、現在は社会環境の変化や日々のストレスなどでそのバランスがうまく保てずにいる人が増えてきています。理想な状態に少しでも近づけていくためには乳酸菌を取り入れて善玉菌を増やすのがいいのですが、それだけでは効果も出にくいです。

 

乳酸菌は酸に弱いという特徴がありますので、食事などから摂取しても腸まで全てが辿り着けるわけではありません。ですがオリゴ糖は乳酸菌のエサになりますので、適宜摂取することで既に腸内に存在している菌のエサとなってくれます。オリゴ糖自体はただの甘味料と思っているかもしれませんが、人間が持つ消化酵素では消化されません。その為、腸までしっかりと到達してくれて、乳酸菌や善玉菌の効果を発揮させるサポートができるという訳です。

 

腸内の状態が悪化している人の場合、オリゴ糖を摂取することで乳酸菌のエサが確保できます。継続して接種を続けていくことで、乳酸菌を始めとした善玉菌をどんどん腸内に増やしていくことができるのです。甘味料を定期的にとるとなると体重が増えるのではないかと心配もあるでしょう。けれども難消化性なのでカロリーオーバーになることなく排出されていきますから、その点でも食事に取り入れやすいのです。使い方も砂糖と置き換えるだけですから、手軽に料理や飲み物に加えることができます。効果を発揮させるには継続して取り入れて善玉菌を増やしていかなくてはいけませんから、少しずつ食生活に取り入れて健康な体作りに役立てていきましょう。