乳酸菌摂取のタイミングはいつ?食前?食後?朝?夜?

腸内環境の改善に摂取することが推奨されている乳酸菌。便秘や下痢を防いだり、アレルギー症状の発症を抑えたり、免疫力をアップさせるなど多くの働きがあることがわかっています。最近ではうつなどの人間の精神状態にも腸内環境がかかわっているというデータもあり、乳酸菌を積極的に摂取して腸内環境の改善をしたいものです。いつ、どのようなタイミングで摂取すれば、一番効果的に摂取できるのでしょうか。

 

乳酸菌は体内に摂取されると胃酸や胆汁などで腸に辿りつくころにはほとんどが死んでいると言われています。特に空腹時に乳酸菌を摂取するよりは、食後のタイミングで摂取する方が胃酸などの影響を受けにくいとも言われています。また、就寝前のタイミングの摂取も、睡眠時に体内で乳酸菌が働きやすい環境が作られるため、良いタイミングだという意見や朝食後のタイミングが一番効果があったなど、様々な意見があります。共通しているのは「空腹時の摂取は、胃酸の影響を受けすぎるので良くない」「摂取するのは食後が良い」ということです。

 

この乳酸菌摂取のタイミングは、実は「生きたまま腸に届ける」場合です。最近の研究では、胃酸や胆汁で死んでしまった場合でも、乳酸菌は腸内の善玉菌のエサとなり、効果を上げるというデータもあるのです。また、生きたまま腸に届いても、ほかの腸内細菌が多数派のため腸内で長くは生きていられないとも言われています。乳酸菌は食品に含まれているものです。

 

そのため、食事としてヨーグルトなどを摂取することもあるため、空腹時に摂取しても変わらない。いつ摂取しても一緒だ、とも言われています。自分でいろいろと試してみて、自分に合ったタイミングを探るのが一番なのではないでしょうか。サプリメントで摂取する場合は、胃酸などから守る加工がされているため、いつどのタイミングで摂取しても腸内でしっかりと働いてくれるように作られています。

 

毎日自分が続けやすい時間帯に摂取するのが一番なのではないでしょうか。